« ブログ参入 | トップページ | さあ経済制裁だ »

2004/12/06

冬の台風

冬の台風である。

会社の寝心地よいソファで寝ていた私は、明け方のものすごい嵐にも気付かずぐっすり眠っていた。
朝、社の前の交差点を見ると、おびただしい数のイチョウの枯葉が落ちている。車が通った痕が付いて、道路にはイチョウでラインが引かれている。ふと見上げると、逓信総合博物館の表壁には無残に引きちぎられた布製の巨大な看板が何の催しだか全く分からないほどにボロボロになっていた。へたな台風よりすさまじい風だったことが想像出来る。

前の晩天気予報で見た天気図はくもの巣のような低気圧が日本列島にのしかかっていた。寒気も来ていることだし、こりゃあ、北海道なんか猛吹雪だな。っで、低気圧の過ぎた後は南風が吹き込んで暑くなる訳か、などと一人で納得していたのだが、その北海道の猛吹雪で帰れなくなって、会社を休んだ奴がうちの部に1人居て、今日は物笑いの種になっていた。いやあ、お忍びで北海道なんて行くもんじゃないね。

|

« ブログ参入 | トップページ | さあ経済制裁だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68037/2172068

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の台風:

« ブログ参入 | トップページ | さあ経済制裁だ »