« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/31

言いたいことは山ほどあるが

 暴風は収まらず、民主絶対多数、自民惨敗の衆院選が終わった。これから民主党政権がどう政治を動かしていくかは見ていくしかない。

 そして、風は止まる。自民党はしばらく見向きもされず、民主党の打ち出す実際の政策だけが世間の耳目を集める。本当に官僚支配が打破されれば、民主党政権は盤石になるだろう。

 民主党内の対立案件はしばらく表には出さないだろう。対立案件は、国会の議決の時に民主党のほころびを見せるはずだから、当面、人権擁護法や夫婦別姓の民法改正、外国人地方参政権などは鎧の下に隠すだろう。問題は、対決法案などではなく、民主党に巣くう、旧社会党系勢力が、じわじわと霞ヶ関に浸透し、拡大していくことだ。官僚支配の打破の名の下に、日教組が文部科学省を牛耳るような事、輿石東が文科相になり、秘書官含めそういった輩が文科省に乗り込んで人事権など振るおうものなら、仮に4年後に自民党が政権を奪還しても、取り返しのつかないことになる。法務省にしてもそうだ。

 他にも懸念材料が山ほどあるが、郵政の風と同じ風が反対方向に吹いて今回の結果が出た訳だから、もう何も言わず、これからどうすべきか考えよう。幸いにして自民党は辛うじて、改選前の民主党の議席を上回った。解党的出直しなどと言っていたら、本当に解党してしまうだろう。来年の参院選までもう1年を切っている。ここで善戦出来なければ、4年後のおそらく衆参ダブル選挙になるだろう天下分け目の決戦の前に、本当に日本から保守政党が消えてしまう。


 4年後は俺も50歳か。はあ~っ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/05

そして日教組が政権を獲る

 昔中国にどんな盾でも貫く矛と、どんな矛でも貫けない盾を売る武器商人がいて、じゃあその矛でその盾を突いたらどうなるのだと言われて困っちゃったって話が矛盾という言葉の語源だという。

 今日本では、2020年に1990年比温室効果ガス25%削減を目標としながらその一方で、高速道路を無料化し、ガソリンの暫定税率を廃止すると主張する政党が今月末にも選挙に圧勝する勢いである。

 この矛盾を地でいく政党が政権を獲る日、2009年8月30日は、後世日本の終わりの始まりの日として思い起こされるだろう。

 仮に、百万歩譲って自民党が僅差で勝てたとしても、衆参のねじれは来年の参院選では解消不可能だし、さらに3年後の参院選で続けて勝たなければねじれは解消しない。しかし、今回ねじれは解消するだろう。

 そして日教組が政権を獲る。前回の非自民連立~自社さ政権と違って、今回は4年続くだろう。もはやこれまでだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »