« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/09/17

福島瑞穂が日の丸に会釈した...ように見えた

 平野官房長官、原口総務相、前原国交相、川端文科相、中井国家公安委員長、新閣僚記者会見で壇上に上がる際国旗に一礼した大臣である。ちなみに、平野、前原、中井各大臣は退場時にもきちんと一礼していた。それ以外は藤井裕久も岡田克也も含め、素通りであった。その中で、勘違いかもしれないが、驚くべき光景が目撃された。福島瑞穂が立ち止まらずではあったが、国旗に会釈したのだ。DVDで何度も見直したが、どう見ても会釈している先に人はいない。あるのは国旗だけである。

 本当なら、この人の中味はいったいどうなってんだ。


 ちなみにブルーリボンバッジをつけていたのは原口、中井両大臣だけであった。


 さらにもう一つ、笑えたのが岡田外相が議員バッジをつけ忘れていたことである。民間出身かよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/16

福島瑞穂でも大臣になるとうれしいんだな

 消費者行政・少子化・男女共同参画・食品安全担当大臣。福島瑞穂がやると思うとゲロ吐きそうだ。それにしても、テレビでこいつのうれしそうな顔を見ると、社会党の残党でもやっぱり大臣病患者なんだなと思った。

 万一輿石だったらどうしようと、民主党が勝つ前から心配だった文科相に民社党出身の川端達夫氏が就任したのは不幸中の幸いである。旧民社党から3人入閣し、中井洽氏が国家公安委員長・拉致問題担当というのも、多少ホッとする人事ではある。しかし、旧民社党といえども、長い民主党暮らしでどう転向しているか分かったもんではないので、今後のこの政権の行方全体の中でウォッチングしていかなければならない。


 千葉景子法務大臣。うーむ、任期中死刑執行はないな。拘置所が死刑囚であふれるだろう。


 あとはおいおい触れていこうと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/15

敬老の日じゃないんだよね

 どうも9月15日が祝日じゃないってのは、調子が狂う。代わりに来週シルバーウィークだか、秋のGWだか知らないが、はた迷惑な連休がある。いったいどこのどいつだ、ハッピーマンデーなんてふざけたこと考え出したのは。

 そもそも欧米から働きすぎだとの批判を受けたのを真に受けた連中、休日を増やして観光客を撒き散らそうって考えた連中、休みが増えれば国民が喜ぶとポピュリズムに走った政治家、そういった連中が祝日三連休化推進会議なんてくだらん民間団体を立ち上げ、政府も与野党も浮かれたようにあっという間にまず2000年に成人の日と体育の日、2003年に海の日と敬老の日を月曜日に移した。成人の日は小正月、体育の日は東京オリンピックの開会式の日、海の日は海の記念日とそれぞれ意味のある日だったが、アメリカ式の第○月曜日に変えてしまった。それは祝日とか祭日じゃなくて単なる休みになる月曜日だ。冬の第2祝日とか、夏の第1祝日とかいう記号と同じだろう。振替休日と併せれば、毎年何日の月曜日がつぶれるんだ。

 敬老の日は特別な意味があって9月15日になっていたわけではないが、戦後まもなく兵庫県の山間の村から兵庫県全体、さらに全国に広がったとしよりの日だ。それを年によっては秋分の日絡みで秋のGWになると踏んで、9月第3月曜日に移した訳だ。土曜、日曜と国民の休日、秋分の日に挟まれた中日の祝日を誰が老人を敬う日として認識するのか。それはただ5日並んだ休日の1日に過ぎない。

 ハッピーマンデーで得した奴はいるのか。景気が良くなきゃ観光は栄えない。学校行きたくない子供と先生が喜んだだけじゃないのか。子供にとってはゆとり教育に屋上屋を重ねる訳だからいいこととも思えない。さあ誰が喜んだのか。つまりはそう言うことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/14

北方領土のロシア側幹部に日露友好関係推進を期待される新政権とは?





 つまりはそう言う事だ。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/13

タイトルは変えられない

 この前床屋に行った時に珍しくちょっと待ち時間があったので、本棚のマンガに手を伸ばした。1巻の半分くらい読んだところで、順番が来た。床屋のお兄さんがいう、「『MONSTER』すか、懐かしいですね」

 浦沢直樹がビッグコミックオリジナルで、「20世紀少年」の前に連載していたマンガだ。浦沢作品では、毎週買っていたビッグコミックスピリッツで「YAWARA!」と「Happy!」はリアルタイムで読んでいた。当時オリジナルは読んでなかったので、連載していることは知っていたが、別に浦沢ファンという訳でもなく、連載中はほとんど読んでいなかった。1巻の途中で生殺しになったため、速攻で全巻制覇に走ったのは言うまでもない。

 「20世紀少年」もそうだが、あれだけ展開があちこち飛ぶと単行本で読むならまだしも、月2回発行の雑誌だと何が何だか分からなくなるんじゃないか。作者取材のためとか急病のため休載なんてのもよくあるから、別の展開になっていると、あれっ、1回飛ばしちゃったかなって錯覚することもあるかもしれない。

 それにしても、連載作家ってのは、どうやってプロットを決め、タイトルを決め、連載を進めていくのだろう。「MONSTER」は単行本18巻だが、出版社の都合次第で長期にも短期にもなるはずだから、途中でストーリーが当初構想していたものと違っていくこともあるだろう。浦沢氏の場合、既に「YAWARA!」がスーパーヒットしていて、大作家だったろうから、よっぽど人気投票の結果がひどくない限りは自由に描かせてもらえると思うが、それでも、あれだけいろんな線から最後に一つの結末に導くとなると、担当とのやりとりもさぞかし活発だったのだろうと想像できる。

 連載開始当初から起承転結が全て決まっているわけではない。一つだけ決まっているのは最初から最後まで同じタイトルだということだ。話が変転していった時、途中でタイトル変えたいと思うことはないのだろうか。浦沢作品の場合、「YAWARA!」、「MASTERキートン」、「Happy!」、「MONSTER」、「20世紀少年」と変える必要のないタイトルが並ぶが、意味の不明なタイトルが付いている場合、読み進めていく読者はこれはどういう意味だと考えこんでしまう。あだち充の「タッチ」なんかいい例だ。

 だが、「MONSTER」も実は一人の怪物ではなく、いろいろな意味での怪物が出てきた。タイトルがプロットをふくらませるが、始めに決めたタイトルからは最後まで外れることが出来ない。書き下ろしは出版直前までタイトルを変えられるが、連載はタイトルを変えられない。

 私はこのコラムを書くとき、たいていタイトルを決めてから書くが、書いてるうちに書きたいことの内容が変わっていき、最後にタイトルまで変わっていることがある。連載なんて出来ないな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/12

腰が痛い

 もともと腰痛持ちなのだが、昨夜寝る直前に突然前にかがめなくなった。まっすぐ立っていることは出来るが、座るとき緊張する。座っていて立つのに手で何かを支えないと立てない。横になるときも同様。もちろんしゃがむことは出来ない。

 突然である。それまでそんなことはなく、別に重い物を持ったり、力をかけて何かを動かした訳でもない。その直前にしていたことと言えば、座ってちょこっとパソコンをいじっていたくらいで、長時間同じ姿勢で座っていたわけでもない。夜は時計屋行ったり、イトーヨーカドー行ったり、弁慶ラーメン食いに行ったりとちょっと歩いたが、帰ってきてシャワー浴びてるときも何もなかった。

 死ぬほどの痛みでもなく、ことり氏のような椎間板ヘルニアって感じでもないので、とりあえず、一晩寝て様子をみることにした。朝起きても症状は変わっていない。悪くもなってないし、よくもない。湿布を貼って様子を見ているが、湿布で治る気配もない。

 整形外科に行くほど切羽詰まっている訳でもなく、生存に支障はないので、とりあえず数日様子を見よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/07

契約って何ですか?

 コミックバンチに連載されている「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」というマンガがある。文藝春秋の原作が、新潮社でコミック化される不思議はさておき、傍聴マニアの見た、いろいろな裁判の事を面白おかしく描いていて、既に8巻まで来ている。殺人、傷害、窃盗、詐欺、薬物、性犯罪とありとあらゆる刑事事件を網羅し、果ては離婚調停なんて、完全に他人が立ち入るべきでない世界まで傍聴に行っていて、作者は相当な暇人と見受けられる。で、そこに出てくる被告人達のどうしようもない姿を見ていると、あくまでマンガとはいえ、実体験に基いているので、非常にリアルに今の世相があぶりだされている感じがし、ついつい引き込まれてしまうのだ。

 一言で言うと、無分別と言うのだろうか、人として当たり前の事を自分の都合のいいように解釈している被告人の姿が傍聴者の心の呟きに写し出され、変な共感を覚えてしまうのだ。

 このマンガを読んでいるとき、私はいつも別の事柄に置き換えて読んでしまう。それはクレーマーと言う程ではないが、まさしく自分の都合だけを主張する電話の向こうのみなさんだ。

 最初の頃はこういう電話を受けるとすぐ気色ばんだ声を出していたものだったが、最近は達観してしまったからか、逆ギレまではいかないで済むようになってきた。それでも、新聞屋はなめられている。とつくづく実感させられる電話が掛かってくる事がある。

 その時、その人は確かにこう言った。販売店に、新聞をすぐやめたいと言う電話をしたら、10月まで契約があるから止められないと言われた。契約したら終わりまで取らなきゃいけないんですか?だと。別に契約者が死亡した訳でも海外へ転居する訳でもないらしい。

 もはや開いた口が塞がらない。本当に契約してるんならそれは履行してもらわなければ困るし、契約した覚えなんかないっていうなら、出るところに出てもらえばいい。しかし、契約したら取らなきゃいけないんですか?って、あんた借金しても返さなくて平気な人かよと言いたくなった。

 9月1日に発足した消費者庁でも、それをぶっ潰して民主党が作ろうっていう消費者権利院でも、どっちでもいいが、特定商取引法や消費者契約法に違反している訳でもない、普通に契約した商取引の契約が、消費者が嫌だっていったら、そんなに簡単に反故に出来るんですかと問い質したい。約束をしたら守るのが人としての道だと思うのだが、たまにこういうことを平気で、というか、さも当然のように言って来る人がいる。上記「裁判長!~・・・・~」のマンガを読みながら、たまたまこいつは犯罪者になっちゃったけど、予備軍的な考えの人いるような~って思ってしまうのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/06

中国韓国から諸手をあげて歓迎される外務大臣とは?

 つまりはそう言う事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/05

自民党は自民党だから負けた

 首班指名選挙で、麻生と書きたくないとか、白紙で投票するとか、敗戦のA級戦犯は麻生、福田、安倍、細田、菅の5人だとか、そんなことばかり言ってるあんた達全員のせいで負けたんだよと言いたい。昨日の全国幹事長会議でもそんなことを言った人がいるようだ。全員落選したのならともかく、当選者が119人もいるのだから、結局落選したのは、落選した人の責任だ。

 いつから自民党はこんなだらしない矜持のかけらもない政党になってしまったのか。もともとそんなもんなかったんだよと言う人もいるだろうが、かつての自民党はなかなかのものだった。多分中曽根内閣が終わった時が、自民党の終わりの始まりだったのではないか。そして、ポスト中曽根の竹下内閣が倒れた際、受け皿になるべき安倍晋太郎は病に倒れ、リクルート疑惑にも連座していた。その後の総裁はもはやかつてのカリスマ政治家ではなく、選挙向けの看板政治家ばかりになってしまった。その看板の後ろで抗争を繰り返す自民党に国民が嫌気がさしきっていたのが、今回の結果ではないのか。

 小泉純一郎だって総裁に当選したときは看板のはずだったが、残念ながら過去の経歴や言動から考えても、彼が操り人形になるはずがなかった。そして小泉政権の5年の間だけ、自民党は長期低落から国民の目をそらすことが出来たのである。そう考えれば、もし森喜朗の後、橋本龍太郎が再登板していたら、6年前の総選挙で今回の選挙結果は起きていただろう。もっと言えば、今回の民主党勝利と8年前の小泉“自民党をぶっ壊す”政権は同根なのだ。

 つまり今回自民党だという理由だけで自民党は負けたのだ。私はかつて公明党を飲み込んでいるという理由で新進党には投票しなかった。分裂して自由党になってからは党員にもなり、選挙も自由党に入れ続けた。自由党が民主党に合流して、日教組と手を組んだ瞬間から自由党を含んでいるはずの民主党には入れなくなった。私は自民党が自民党だから入れるのではなく、民主党が日教組をバックにしているから入れないのである。しかし、国民の多数は自民党が自民党である故に入れなかったのだ。

 日本人は振れ幅の大きい民族だから、民主党がだめだったら、次は民主党に入れないだろう。だが、その時自民党に入れるのか、今の状態では甚だ疑問だ。やっぱり解党的出直しが必要なのかもしれない。とりあえず党名も変えたらどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/04

続・自分のブログは更新しないくせに他人のブログにはまるの巻

 5ヶ月前にはまってるブログの話を書いた後、ついに東とくわばたのブログは読むのを断念状態である。東は1回の分量がえらい長く、くわばたは1日の更新が異様に多い。最初から読んでいくのはもはや無理だと感じた。さらに、皆藤愛子と田家秀樹のブログを最初から読み始めたが、これも最初から読むのは断念し、現在進行中のだけチェックしている。その後、小林麻耶にオセロ中島とサイクロンZのブログが日夜チェックの常連になっている。

 しかし、みんな結構忙しいだろうに、よくあんなに更新出来るなあと感心する。それこそはまってる状態なのだろうが、毎日複数回更新するのは、習慣でなきゃなかなか出来ないだろう。

 そういう自分はどうかといえば、なんとこれで5日連続更新と、下らない事を毎日書き連ねている。今までは平成12年12月28日~31日の4日連続が最高で、3日連続も15年4月2日~4日を最後に4回しかない。旧三大コラムを休止し、ココログに参入したため、その切替日である16年12月5日に1日4更新した記録があり、他に1日3更新が何回かあるが、5日連続は自分としては新記録である。

 別に本格的ブロガーになろうって気がある訳じゃないし、また1年くらい更新しないかもしれないが、脳の訓練の為に、何か題材があれば書いていこうと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/09/03

酒は飲まなきゃ弱くなる?

 以前はビールだろうが焼酎だろうがウィスキーだろうが日本酒だろうが、多少の事じゃちっとも酔わなかった、自称酒が強い旅人だったのだが、最近じゃ、餃子の王将で生ビール2杯飲んだだけで、千鳥足になっている有様だ。情けない。しかも、つまみに餃子4人前とニラ肉炒め食っての事だから、弱いにも程がある。

 一体どうした事か。歳をとるとはこういう事かとも思うが、やはり飲みつけないのが最大の原因か。

 酒に弱いとはつまり肝臓が弱ってるという事なのだと思っていたが、毎年の健康診断でも、肝機能値は常に正常である。

 ネットで酒に酔った状態というのを調べていたところ、肝臓の分解能力もさることながら脳や胃がアルコールと戦って勝てなくなって来ると酔いやすくなるとどこかに書いてあった。

 脳がアルコールに対して強ければ、酔った状態になるのがそれだけ遅くなる。つまり、これが酒に強い状態ということだ。確かにろれつが回らなくなったり千鳥足になるのは脳の機能低下によるもので、口や舌や足が弱った訳じゃない。そう考えると、最近あまり酒を飲まなくなったから、脳のアルコールに対する訓練不足なのかなとも思えてくる。

 しかし、脳に関する問題は他にもあった。最近の聴力の問題(鼓膜に穴を開けてチューブを入れる問題とは別の問題)しかり、普段電話で話していて舌足らずになる問題しかり、ひらがなを漢字と混同して、右はねを左はねするなど、まともに書けない問題しかりだ。これらはみなしらふの時に起きている。つまり、脳そのものが機能低下を起こしているのだ。

 脳にアルコールと戦わせて訓練などしている場合じゃないかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/02

続・鼓膜に穴を開けてチューブを入れる

 続で思い出した。そういやあ、鼓膜にチューブ入ってたんだっけ。うまくいったら、後日談を書きます。と言ってた訳だが、8月中旬過ぎ、チューブを入れて1ヶ月と少し経ったある日、神田の耳鼻科を訪れた。

 チューブを入れた右耳の経過はと言えば、まあ順調である。というかなんだかよく分からん。とりあえず聞こえはよい。あの、突発性難聴かと思うほどの聞こえなさから考えれば、まあ、元通りになったと言える。しかし、チューブは入ったままだ。はずすということもないらしい。ネットで調べるとチューブはいずれポロッと取れるらしい。

 そもそも耳は、音による空気の振動が耳に入り、鼓膜を震わせ、それが中耳から内耳に伝わり、さらに内耳の中のリンパ液を震わせ、内耳の感覚細胞から脳に信号を送って音として認識するものだ。現状はいわば鼓膜に強制的に換気口をつけている状態で、それでも鼓膜は鼓膜として機能するのだろうかという疑問があるが、現に聞こえるのだから機能しているのだろう。

 先生の話では、まだ中耳が湿っている感じで、排水が十分ではないらしい。これは、水分を排出する耳管の機能が回復していないことを意味する訳だが、そのために鼓膜に穴を開けて喚起している。耳管の機能の回復に話を持っていくと、タバコを止めろと言われそうなので、そこまで突っ込んで聞かなかったが、このまま、月に1回の通院で当分様子をみていくとのことだ。

 まあ、スキューバダイビングやるわけでもなし、普通にシャワーも浴びられるから、生活上支障はないので、このままチューブが取れるまで気長に待つとしよう。

 チューブがはずれたとたんにまた耳が聞こえなくなったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/01

続・言いたいことは山ほどあるが

 とりあえず、このサイトのリンクのページにてリンクを貼っている3人の政治家の( )内に前衆議院議員と入れずに済んでよかった。

 テレビを見ると、藤井裕久だの、長島昭久だの、民主党でも立派な見識を持った人が出てきて、もっともらしい事をしゃべっている。こういう議員ばかりなら、別に民主党政権でなんら問題はないのだが、実際はそうでないから困ったものだ。

 どこかの県では、証紙を貼ってないポスターについての苦情を県選管に言ったが明確な回答がなかったと選管の対応を批判し、「責任をもって回答をいただきたい。納得のいく説明と合わせてあらためて証書をいただきたい」と言って当選証書を受け取らなかった議員がいるそうだが、こういうのを我々の仕事ではクレーマーと呼んでいる。思わず選管の担当者に同情してしまった。選挙違反の警告、摘発は警察の仕事で、選管は粛々と選挙事務を進める事務方である。うちにもこういうタイプの人がよく電話して来るが、代議士にもこういう人種が進出して来ているとは、恐ろしいクレーマー社会になったものだ。ちなみに我々はただギャーギャー文句言う人の事をクレーマーとは呼ばない。耳障りではあるが、感情の表現がストレートなだけの人である。納得なんかする気もないのに、納得いく説明を求める人をクレーマーと呼ぶのだ。クレーマーは自分がクレーマーだと認識しないばかりか、自分は正義だと思っているから我々悪者側は始末に負えない。

 そういえば、国旗を切り張りして民主党旗作って会場に掲げた、鳩山由紀夫ですら選挙区入りを忌避した候補もしっかり比例で復活当選して来た。しかも、民主党九州の惜敗率1位というおまけつきで。惜敗率1位ってことは、あと一歩で選挙区当選だったってことだ。日の丸刻まなきゃ選挙区当選だったかもね。ちなみにこの人は自治労出身だから、16年前なら社会党候補だ。そうそう、さっきのクレーマーは元キャリアで郵政官僚を4年で辞めて、市議1期4年、県議1期目途中で衆議院に打って出て、今次選挙で当選2回となりましたとさ。当然ながら一新会らしい。

 こういう連中が今度官僚支配打破が金看板の政権党の代議士として登場してくる。こりゃ役人さんも大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »