« 吉田拓郎One Last Night in つま恋25周年 | トップページ | 不思議な内閣 »

2010/07/28

あれこれ

 桑田佳祐が食道ガンだと発表され、こりゃあ何か書かなくちゃと思ったら、千葉景子法務大臣が死刑執行命令書にサインし、本日民主党政権初の死刑が執行された。

 そもそも死刑廃止論者を法務大臣に任命するのもいかがなものかという事はさておき、自分の主義主張はともかく、職責は職責だということを、本当の意図は違うかもしれないが、示したのだから、それはそれで敵ながらあっぱれといいたい。

 自ら死刑執行の現場に立ち会ったというのもいい。どうせすぐ法務大臣やめて、また死刑廃止運動やるわけだから、職権濫用かもしれないが、現場を見てから今後の自分の主義主張に活かすのはよいことだ。是非とも犯罪被害者の集会にも出てもらいたいものである。

 政治的パフォーマンスだとか、落選したのにどうとか、いろいろ声があるようだが、主義主張と宗教的信念の違いを見せつけてくれただけでも実に価値のある死刑執行命令だったと思う。

 まだあと2ヶ月近く在任するんだろうから、せめて、あと5人くらいサインしてから辞めて欲しいものだ。107人も確定死刑囚が居て、その大半が、誰がどう見たってこいつは死刑だってやつばかりなんだから。


 それにしても桑田のガンには驚いた。初期の食道ガンだというが、我々拓郎ファンにとってみれば、7年前の拓郎の肺ガンが真っ先に思い浮かぶ。別に桑田のファンでも、サザンのファンでもないが、何という因縁だろうと思う。

 拓郎が片肺を1/5切除した手術後の闘病生活中、桑田は自身が1985年(そうまさしく昨日のこのブログに書いたつま恋の前後に流れた引退説の時)に発表した、拓郎に引導を渡す歌「吉田拓郎の唄」の歌詞を変え、エールを送っていた。

 80年代前半、ブレークしたての桑田佳祐について、拓郎は自分の番組でも、桑田との対談番組でも桑田には勝てないと絶賛していた。桑田VS長渕事件の時も明らかに桑田の肩を持った。一方、桑田も先述の「吉田拓郎の唄」で拓郎への想いを表現し、引退の噂された拓郎にカツをを入れていた。その2人がともにガンになった。因縁と言わずにはいられない。

 拓郎もコンサートツアーの直前に健康診断を受けて早期発見された。片肺の1/5を切除し、3年後にはかぐや姫とつま恋をやった。今日まで再発していないので、ガンについてはもう大丈夫なのだろうと思う。桑田の食道ガンも内視鏡手術の出来そうなステージらしいので、おそらくシンガーとしても復帰出来るだろう。いや、是非元気に復帰して欲しい。拓郎のためにも。

|

« 吉田拓郎One Last Night in つま恋25周年 | トップページ | 不思議な内閣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68037/49001670

この記事へのトラックバック一覧です: あれこれ:

« 吉田拓郎One Last Night in つま恋25周年 | トップページ | 不思議な内閣 »