« 不思議な内閣 | トップページ | 黙らないなら鳩山には死んでもらいたい »

2010/09/25

不思議な内閣の無思慮な政策

 つまりはそういうことだ。としか言いようがない。

 今回の件については、いろんなところでいろんな人が批判しているし、いまさら私が何を言っても誰かの二番煎じに見えてしまうので、静かにしていようと思ったが、一応ブログのコマ送りだけはしておこう。

 自民党にお灸を据えるつもりで、民主党に投票し、政権交代させた有権者があの船長を釈放させたのだ。
民主党を批判しても仕方がない。批判されるべきは平和ボケの戦後民主主義にどっぷり浸かった日本人1人1人なのだ。

 私も含めてである。民主党に政権渡したら大変な事になりますよとか、もはやこれまでとか言いながら、それを阻止するための行動を起こさなかった。民主党に投票した人と同罪である。

 沖縄(尖閣ではない)は中国に取られるよ。とずっと言ってきながら、何の行動もしていない。今のところ米軍が撤退することは考えられないからだが、普天間問題から先、日本政府、米国政府、沖縄県の3者対立が続けば、中国は本格的に沖縄に手を突っ込んでくるだろう。

 沖縄に独立運動をでっち上げ、米軍撤退の世論を煽り、政情不安に陥れた挙句、傀儡に独立宣言をさせる。武器と一般人になりすましたコマンドを送り込み、治安を悪化させ、米軍と自衛隊に治安出動か撤退かの選択が迫られる事態を作る。
 どちらに転んでも最後は人民解放軍が登場して、沖縄の独立から、中国の一自治区へとシナリオを進める。

 こんな事態が起きても、民主党政権には何も出来ず指をくわえて沖縄を中国に差し出すしかないだろう。

 今回の船長釈放を見て、中国の日本侵略は序盤戦から一気に詰めの段階に入るなと思う。
日本が世界中から嘲られるとか、そんな生易しいものではない。李鵬の予言が現実になりつつあるのだ。

 あー、嫌だ嫌だ。今から8年くらい前に、このコラムの前身で「日中友好なんていらない」と書いたのだが、もはや日中友好などというものはなく、隷属か滅亡かの二者択一のところに差し掛かってきている。

|

« 不思議な内閣 | トップページ | 黙らないなら鳩山には死んでもらいたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68037/49558442

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な内閣の無思慮な政策:

« 不思議な内閣 | トップページ | 黙らないなら鳩山には死んでもらいたい »